アライズ東京キリスト教会が運営する『珈琲専門店 預言CAFE』高田馬場店、赤坂店では、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

預言CAFE 神の言葉が聞ける場所

預言CAFE 神の言葉が聞ける場所

預言を受けた方に、その預言をどのように受けとったらよいかなど、具体的なガイドラインが盛りだくさん書かれています。
預言を受けたお客様からの体験談も載っています。
是非、ご購入ください。

  • 単行本: 1,700円 + 税
  • 出版社: 芸文社 (2011/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863961634
  • ISBN-13: 978-4863961630
  • 発売日: 2011/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 19.1 x 13.1 x 2 cm、252ページ

お求めは、書店または、預言CAFE店頭で。
書店にない場合は、上記の情報でお取り寄せください。
Amazonでも販売されています。Amazon書店はこちらから
またはEメール (ciatokyo@mac.com) またはFAX (03-5386-0030) にてご注文ください。
Eメールで注文の場合、件名を書籍「預言CAFE 神の言葉が聞ける場所」購入希望としていただき、本文欄に郵便番号、住所、氏名をご記入の上送信してください。


目次:

まえがき

第一章 預言とは
不思議に思える「預言」とは「神」からのメッセージ
神があなたに望んでいること
預言から得られるもの
「予言」との違い
「占い」との違い
聖書と預言の関係
聖書の中の預言
悪魔と悪霊

第二章 預言の正しい受け取り方
何のために「預言」が必要なのか
預言は命令ではない
預言に期待していいもの、そうでないもの
:  他

第三章 預言者とは
預言する人々に対する間違った認識
神にとっての現代の預言者の役割
聖書の中の預言者

第四章 「預言」に出てくる「預言用語」の解釈と意味
表現方法
誤解を受けやすい預言の言葉の解釈

第五章 預言を受けた人たちの体験報告

第六章 よくある質問 Q&A
どんな雰囲気ですか?
来ている方は、最初不安ではなかったのでしょうか?
後からしつこく勧誘とか、案内だとか来ませんか?
:  他

あとがき


以下は本書からの抜粋です。

「予言」との違い

「私たちの未来を予測することができたら、どんなにいいだろう」と、誰しもが思うことでしょう。そんな願いに応えてくれそうなものが予言かもしれません。
しかし、これからの未来に、いつ、何が起こるかは人間に知らされていないよう定められていることが聖書に書かれています。
「イエスがオリーブ山で宮に向かってすわっておられると、ペテロ、ヤコブ、ヨハネ、アンデレが、ひそかにイエスに質問した。「お話しください。いつ、そういうことが起こるのでしょう。また、それがみな実現するようなときには、どんな前兆があるのでしょう。」そこで、イエスは彼らに話し始められた。「人に惑わされないように気をつけなさい。わたしの名を名のる者が大ぜい現れ、『私こそそれだ』と言って、多くの人を惑わすでしょう。また、戦争のことや戦争のうわさを聞いても、あわててはいけません。それは必ず起こることです。しかし、終わりが来たのではありません。民族は民族に、国は国に敵対して立ち上がり、方々に地震があり、ききんも起こるはずだからです。これらのことは、産みの苦しみの初めです。(中略)そのとき、あなたがたに、『そら、キリストがここにいる』とか、『ほら、あそこにいる』とか言う者があっても、信じてはいけません。にせキリスト、にせ預言者たちが現れて、できれば選民を惑わそうとして、しるしや不思議なことをして見せます。(中略)ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます。(マルコの福音書14章4節から32節)」

私たち人間は勝手なことを言うことができます。あたかも霊的な力があるかのように、「だって、わかるから」といって、ある人々は人間に許されていない、不可能な領域に立ち入れる権威者のように振る舞っています。しかし、それは神に立ち向かう行動です。
預言は未来の予測ではなく、神からの愛のメッセージです。その根本は、私たち一人一人を造り、 愛していて、助け励ましたい、ということです。
本来の造られた目的と計画に立って、生き生きと、与えられた人生を過ごすことを神は願い、語りかけたいのです。
予言は「人生のカンニング」をしようとするような誘惑をもっていますが、預言は人生のレースに挑むための励ましと勇気を与えてくれるものです。

「占い」との違い

占いが当たると信じてしまいますし、毎日やこれからの人生の選択の材料になることでしょう。どっちをとってもいいような場合など、軽い気持ちで占いに助けられ、それが益になったりすると、その言葉に感謝してしまいます。しかし、始まりは良くても、その力は次第に心を締めつけるようになります。
「占いの霊」の語源は「ニシキヘビ」です。(ティンデル聖書注解 使徒の働きP322)ニシキヘビは毒で獲物を殺したりはしません。はじめは巻き付いて取り囲み、徐々に締めつけて最後には窒息死させてしまいます。占いを信じるある程度の部分では、何の害も感じられず、かえって守ってくれるように思えるのですが、実は、私たちの思いを拘束していきます。時間が経つと、自由が無くなって、占いの霊の奴隷となってしまうのです。何かを決めるのに占いがないと不安になって、自分の選択が働かなくなるのです。預言と占いが似ていると思う人もいるのですが、その源はまったく違います。神の霊か、ニシキヘビの霊か、ということです。これを専門にしている各種の占い師でもこのことを知らず、その霊に閉めつけられています。

PAGETOP
Copyright © 珈琲専門店 預言CAFE All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.