預言とは?

「預言」は神からのメッセージ、贈り物であり、一人ひとりに対する神からの愛の言葉です。新約聖書では、神が私たちに語る預言は、「人を育てることばや勧めや励まし」と記されています(コリント人への手紙第一 14章3節)。神が私たちに語る預言は、私たちを慰め、励まし、勇気と希望を与えるものです。

預言は、信仰のあるクリスチャンや、行いが立派な人や、「預言をよく理解できる」人だけのものではありません。預言が神からのものである以上、すべての人が預言を受けることができ、神の力、慰め、励まし、願いを受けることができるのです。
私たち一人ひとりを造られた神は、私たちを心から愛しておられ、誰にでも語りたいのです。 

占いとの違い

預言と占いが似ていると思う人もいますが、その源は全く異なります。
預言は神の霊を源とする一方、占いはそれ以外の霊によるものです。
占いを信じるある程度の部分では、何の害も感じられず、かえって守ってくれるように思えるのですが、実は、私たちの思いを拘束していきます。何かを決めるのに占いがないと不安になって、自分の選択が働かなくなるのです。
しかし、始まりは良くても、その力は次第に心を締め付けてしまうことになります。

神が私たちに与えようとしているのは「自由」です。預言は占いと違い、ただ待っているだけで無条件に起こってくるとか、運命的なものということではありません。預言を成就させていくには、預言で語られた言葉を堅くにぎり、日々、小さなことに忠実に生きていくことが求められます。

預言の取り扱いについて

預言は誰でも受けることができます。神の愛、励ましはすべての人に注がれているからです。ただし、預言を受ける方が「預言を受けたい」と願っている場合に限ります。他の人から強要されてではなく、本人の意思が必要です。 

預言CAFEでは、預言を受けられたお客様に、預言を取り扱うガイドラインとして、以下の内容を記載したカードをお配りしています。 

  • 預言を書き出してください。主イエス・キリストからの言葉をより深く心に受け取ることができるでしょう。
  • 預言だけで方向転換や決断を急がず、状況が整えられるのを期待し確認することが必要です。
  • 預言を聖書の原則によって吟味し理解してください。「預言CAFE」の本をお薦めします。
  • 預言は条件的です。運命的に捉えることなく信仰をもって受け取ってください。
  • 礼拝へ参加することも大切です。

預言をするには 

預言はクリスチャンがするものであり、真似てするのはよくありません。イエス・キリストを神と信じる信仰と、聖霊の働きによって語るものだからです。
預言をするためには、人の能力や特殊な霊感が必要なのではなく、ただ神に信頼をおく信仰が必要となります。 
また、聖書にあるとおり、預言は自分にではなく他の人のために語るものです。

預言をするには、洗礼を受けクリスチャンになる必要があります。そして、預言を正しく理解し実践するための訓練を受ける必要があります。 

アライズ東京キリスト教会では、継続的に預言訓練セミナーを開催しています。参加資格は、プロテスタント教会で洗礼を受けた方で、申し込みには所属している教会の牧師の承認が必要です。預言する時の注意事項や、聖書の教えている預言が何であるかを理解し、神に対する信仰をかき立てることが主な内容です。