お越しいただくお客様に本格的な美味しいコーヒーを召し上がっていただきたい、これがコーヒー専門店としての私たちの願いです。使用しているコーヒー豆から焙煎、ドリップまで、一つひとつのことにこだわっています。

自家焙煎コーヒー

預言CAFEのコーヒー豆は、自家焙煎です。
巷ではコーヒー豆は保存が利くものという誤解があるようですが、コーヒーは生ものです。
焙煎後、2週間で酸化が進み、確実に味が落ちます。冷凍保存で約1ヶ月です。(豆を挽いてしまうと酸化するスピードはさらに進みますので、豆のままで保存し淹れるたびに挽くことをおすすめしています。)


コーヒーの酸味が苦手という方へ
コーヒーの味の成分は、酸味・甘味・苦味です。上質な酸味は、コーヒーの本質です。しかし、焙煎後時間の経ったコーヒーは酸化が進み、「酸っぱい」酸味がするようになります。コーヒーを飲むと胃がもたれるという方も、酸化した古いコーヒーを飲んだためと考えられます。
当店のコーヒー豆は、新鮮なものを提供していますので、酸味が苦手という方もぜひ、上質なコーヒー本来の酸味をお楽しみください。

ハンドピッキング

当店では、生豆を焙煎する前と焙煎した後に、ひと粒ひと粒、欠点豆を取り除きます。生豆の中には、欠点をもつ豆(カビ豆、発酵豆、未成熟豆、死豆、貝殻豆、コッコ、黒豆、パーチメント)が混じっています。時には、小石や釘なども入っています。欠点豆が混入したまま焙煎し、抽出すると、当然、濁った、えぐみのある、よくないコーヒーになってしまいます。これは胃もたれや胸焼けの原因となります。未成熟豆(ウェルジュ)や発酵豆は、吐き気をもようすような悪臭がします。
お客様に安心して美味しいコーヒーを飲んでいただくために、当店では、まず、良い豆を選び、次に、焙煎の前と後にハンドピックをしているのです。

ハンドドリップ

新鮮な豆を挽きたてで、一杯ずつ淹れることで、香り高いコーヒーを味わっていただきます。それぞれの豆のもつ特徴を出せるよう心をこめて味をイメージしてドリップしています。味や香りに納得のいかないときは、遠慮なくスタッフへお申し付けください。すぐにドリップし直します。

スペシャリティーコーヒー

当店は、プレミアム以上の豆を使用しています。
コーヒーの格付けは、国、地域(標高)、農協・農園、豆の大きさ、欠点豆が少ないなど、目で判断する情報によって行われてきました。しかし、この方法では、焙煎して飲んでみるまでは、どのような味をしているのかわかりません。
そこで、スペシャリティーコーヒーという新しい格付けは、カッピングテスト(8項目)を行い、味で点数を評価し、80点以上の豆を「スペシャリティーコーヒー」と呼ぶことにしました。また、トレーサビリティーにより、生産から精製・流通まで明確にすること、フェアトレードで、生産者が品質の向上に努めることができる環境を作ることなど、コーヒー豆の品質向上に目が向けられています。

■トップ・オブ・トップ       88点以上
■トップ・スペシャルティコーヒー 85点以上
■スペシャルティコーヒー  80点以上
■プレミアムコーヒー    76点以上
■コマーシャルコーヒー  76点未満
※カップ評価項目・・・
1. フレーバー、2. 後味の印象度、3. 酸の質、4. 口に含んだ質感、5. カップのきれいさ、6. 甘さ、7. 均衡性、8. 総合評価 による合計8項目で採点されます。
(各項目8点満点+基礎点36点=100点満点)